4月, 2015

看護師が直接病院などに応募する

最近では看護師が直接病院の求人に応募するというケースも実際にはあります。大体15~20%くらいの看護師は、直接病院の求人に応募して入職しているそうです。直接応募することで、応募から採用までの期間が短期間で済んだり、採用側の病院としても、求人活動にコストがかからないために歓迎してくれるというケースもありますよね。でも、直接病院に応募した場合にはデメリットも存在しているんです。まずはすべて自分で手配をする必要があります。応募書類なども自分で記載し、確認する必要がありますよね。応募先の病院が、実際にはどのような業務を行ており、勤務時間や勤務体制、人間関係など詳しい情報が分かり難いこともあります。「詳細は面談にて」などの記載が求人募集にある場合などは、本当に知りたいことを質問しきれない可能性もあります。また、病院側にとって都合が悪いことは知らされず、表面的に都合が良いことだけを効かされてしまう可能性もあります。給料をはじめ、勤務条件などに付いて、交渉をしたいと思ってもなかなか難しいこともありますよね。

求人サイトとハローワークの違いとは

就職先を探すときに多くの人が利用するところというと、求人サイトとハローワークがあります。この二つの違いは、まずは求人サイトは民間が運営しており、ハローワークは公的な職業あっせん機関であるという点があります。求人側はハローワークは無料で利用することが出来ますが、求人サイトについては有料で、さらに求職者の入職が決まった場合には、成約料金が必要になると言ったケースもあります。しかし、ハローワークは広く一般に対して情報を公開しているのですが、求人サイトの場合には、情報を必要としている人にだけ情報公開をするために、求人側としては効率よく求人活動を行うことが出来ますし、求職者側としても自分が希望している条件の職場を選びやすいという特徴があります。ハローワークは自分が主体的になって求人探しをする必要がありますが、求人サイトの場合には、サイトの担当者が就職活動をサポートしてくれるという特徴もありますよ。求人サイトはサイト側にも様々な基準を設け、基準に満たない就職先は紹介しないというところもあります。ハローワークは法律を順守していない就職先は紹介しません。違いはそれぞれありますが、両方を使うこともできますよ。

転職のための求人の探し方

転職を目的として求人を調べる時には、どんな方法があるでしょう。

転職をするために求人を探す場合にはまずハローワークを利用してみると良いでしょう。

企業にとって、無料で何回でも求人を出せるハローワークは、コストパフォーマンスをかけずに募集ができる便利な機関です。

求人サイトには出ていないような求人も多数あります。
Read the rest of this entry »

医療機関の募集情報の新しい探し方

看護師さんとして新しく職場を探すときにいろいろな医療機関の募集情報を探すことになりますが、そこでより新しい探し方としては転職支援サービスを利用することです。そこでならそれぞれの地域の医療機関の募集情報を常に集めているから最新の情報を得ることができますよ。 Read the rest of this entry »

医師はプレッシャーとの戦い

医師は人間を対象にした仕事だけに、そのプレッシャーは大変です。

人の命を預かる仕事だけに、ミスなど許されるものではありません。

 

医者っていいね。なんてことを聞きますが、何がいいのでしょうか?

私もデスクワークをしているのですが、時々、ミスをすることもあります。

Read the rest of this entry »

治験業界で働いてみたい

不動産業界に薬剤師転職しようと思っているのなら、まず、宅建主任者の資格を取得されるのがおすすめです。宅建主任者の資格を持っていないと、就職することが困難な企業もあるようです。

どのような仕事をするかによって必要とされる資格も変わりますので、業種にあわせた資格を薬剤師転職前に取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。

どういった薬剤師転職理由が適当かというと、まず、心から薬剤師転職したいと思ったわけを振り返ってください。思いつくままに説明する訳ではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。

そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更してください。薬剤師転職することに至った経緯が長くなると言い訳がましい印象を持たれてしまうので、簡潔にしましょう。

年収増加の目標のために薬剤師転職されようとされている方も多いことでしょう。

確かに仕事を変わることで給料がアップすることもあるでしょう。

ただ、給料がダウンしてしまう可能性も否定できないことを考えておく必要があります。

お給料を増やすためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要なポイントとなります。薬剤師転職したい理由は書類選考や面接において大変重要です。相手が納得する理由でない場合評価が低いものとなってしまいます。

でも、薬剤師転職したい理由を質問されても答え方がわからない人も多いかもしれません。

大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、悩まされるのが、この薬剤師転職理由になります。

長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「効率を重視した仕事がしたい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」と記載すると受ける感じは悪くはないでしょう。

たとえ薬剤師転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスになることもあるのです。

履歴書には150文字から200文字で書くのが理想です。通常、薬剤師転職する時、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士をあげることができます。

中小企業診断士となることで、経営知識を有することが証明されるので自分は会社にとって貴重な戦力になりうると思ってもらうことができます。法律に詳しい行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。

人材紹介会社を介して納得のいく薬剤師転職が出来た人もたくさんいます。

薬剤師転職活動を一人きりで進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。薬剤師転職先が見つからない状態が続くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。

薬剤師転職を考えた場合、いの一番に、最も身近な存在である家族に相談する人が多いでしょう。ご家庭がある人なら、家族と話し合いをしないで職を変わってしまうのは避けるほうが賢明ですからね。

家族と話し合わずに薬剤師転職すれば、そのことが原 Read the rest of this entry »

お気に入り